2018/02/14

ヤマハデジタルミキサーO1Vについて。

良い音を求めてこの1年間スタジオ機材を大きく刷新してきた。
エンジニアの浅岡くんとの関わりの中からスペックだけではなく内部に使われているコンデンサ、トランジスタ、オペアンプなどの性能が音質に関わるということを体験し、その上で判断をして導入したYamaha O1Vは大成功だったと昨日のテストで感じた。
ADI Pro2と比較したのだが音の太さ、艶というスペックでは表現できない部分で大きな差が見られた。
「往年のスタジオらしいビンテージサウンドの構築」が目標だがSSLやNeveは到底無理という現状、デジタルミキサーというのは逆行するような選択肢だけれどもライブハウスやスタジオで使われてきた堅牢で大きな筐体、より品質の高い部材で組み上げられたヤマハのミキサーは条件に合致する部分が多いということかもしれない。


過去のブログ記事