2011/10/15

iPhone4Sの行列を終えて後記

年甲斐もなく勢いと気持ちで参加したiPhone4Sイベント。
結果10時間並んだところでタイムアウトとなり残念ながら初日ゲットできずに帰ってくることとなりましたが、たくさんの人々と一緒に並んだことや当日経験して感じたことなど有意義な体験になりました。

買えなくて敗戦した原因はソフトバンクのサーバーのブレイクダウンに尽きますが、関わった人々は復旧のために頑張ったんだと思いますので仕方がなかったですかね。
アップルストアから配られた整理券はあくまでも整理券でしかなく、列に並んでないとアウト、本日限り有効という融通の効かないもので、
この極限状況でも予約という権利さえ与えてもらえないというところにはカスタマーに対する愛を感じることができなくて残念でした。
やっぱり話題作りの為の行列を作るプロジェクトなんだなってこと痛感しました。
それを理解して参加しなくちゃいけないってことなんだろうな。

行列イベントの意味を身を持って体験してよかったと思います。
たぶん次に並ぶことはないでしょう。
正しく予約をし、その予約が権利として行使できる契約をふまえなくては、正しく付き合うことができないのですね。
その為にも大事なのは「待つ」ことなのかもしれません。
行列の中で待つのではなく、機が熟すのを待つこと。

敬愛するジョブズの最後の作品をいち早く手にできなくて残念ですが、近日中にauで正しく予約してからゲットしようと思います!
auの回線スピードがすごい速いというニュースも飛び込んできたし、やっぱりワンテンポ遅らせてアダプトしたほうが客観的な情報も揃っていいのかも。
Ealry Adaptorはブログメディアに任せてその後に着いてゆくようにします。

PS:
池田くん!今日は長々と付き合ってくれてありがとうね!
君のサポートがあったので良い経験ができました!

過去のブログ記事