2015/09/16

温室育ち。

他人の本質にふれることで己の本質に気づかされる。
今日もそんな瞬間を弟子たちとの会話の中で何回も感じる1日だった。
相手の話をきき自分が何に共感するのかわかったとき少し自分が理解できる。
相手の意見に賛同できずどのような反論を自分の中に持っているか見えたときに自分がどういう人間かわかる。
相手が本当のことを言っていても、若干の嘘で自分をガードしながら話していても、それが見抜ければまた同じように本質を垣間見ることができる。
ああ、この人はここは隠したい人なんだ、その裏にはこういうマインドが働いているんだと。
今日僕が感じたのは自分が世間知らずだということ。
そしてそれだけ守られて幸せに生きてくることができてきたということ。
未成熟でデメリットの多い温室育ちなのだが、でもだからこそ希望を見出すのがうまく、明るく楽しくいきることができている。
短所は長所なのだ。
コンプレックスを感じることもないが誇らしくもならない。
それより自分を正確に知ることができたことが収穫であり、嬉しい。

過去のブログ記事