2011/11/01

弟子の挑戦

昨日、弟子の麻生君から新しいギター購入に関して相談を受けました。
Acousphereのような伴奏スタイルに挑戦したいので僕と同じようなアーチドトップのアコースティックギターを手に入れたいとのこと。
なるほど、それは是非トライしたいねということになって、それならばどんなギターがこのプレイに向いているのかという話に。

一番向いているのはやはりアーチドトップのギター。
なぜ向いているかというとOne Man Rhythmでギターを弾くにはベースと間違えるような太いベースサウンド、そしてサスティンが長いトーンが必要で、それにはアーチドトップのようなアタック音がマイルドなギターが良いんです。
フラットトップだとクリアでナチュラルな音がするのですがアタック音が鋭くてサスティンが短めに聞こえてしまうのです。

ちょうど彼はModern Masterという素晴らしいアーチドトップギターを所有してるのでそれで試すことに。
でも現在そのギターにはナイロン弦が張ってあるのでニッケル弦に戻そうかという会話もなされたのですが、一緒に新しいサウンドを探ってみようということでそのままナイロン弦でゆくことに。
ひょっとすると新しい雰囲気をもったサウンドが生まれるかもしれませんね。
ちょっとした差異を持った機材で同じアプローチをしても出来上がるものは大きく違ってきます。
こんな小さな発見からイノベーティブなものが生まれるのかもしれませんね。
麻生君のこれからの演奏が楽しみです。

過去のブログ記事