2011/09/09

iOS5が導く新しい世の中

もうすぐですねiOS 5のリリース。
個人的にはiPhone5の発売も楽しみなんですが、それ以上にiOS5のリリースが楽しみです。
それはなぜか?
きっとiOS5のリリースと共に「全く新しい世の中」が生まれるかもしれないと思っているからです。

そう思ったiOS5のすごいところのまず一つ目は「iMessage」。
いままで携帯のキャリアを通してしかやりとりできなかったSMS。
インスタントメッセージとしては超便利な機能で、これに慣れると普通のメールでさえも煩わしく感じます。
僕もi.softbankのメールは閉鎖して全てSMS、MMSでのやりとりに集約していました。
このショートメールがWi-Fi経由でiOSデバイスならどれでもできるようなるのがiMessage。
これはすごい発明ですよ、つまりは携帯キャリア通さなくてもWi-Fiエリアなら無料でメールのやりとりができて、しかもリアルタイムでPushされる訳ですから。

僕の場合は携帯で通話もしないのでiPad2とWi-Maxを持ち歩けばSMSがどこでもPushされてくる状態になりiPad2に集約できるようになります。
iPad2ならメールの返事も楽になるし長文もスラスラうてる。
サイトの更新やWeb閲覧もiPhoneより快適なので仕事も効率化します。
すごいぞiMessage!

iCloudの誕生で一番すごいのはこのPush通知を積極的に行える様になったことではないでしょうかね。
それによりAppleはまるで通信事業者のようなビジネスモデルを手に入れたとも言えますねえ。ふむ。
出し抜かれてしまうのは各携帯キャリアでしょうか。
CDMAや3Gでは遅すぎてこれからのデータ通信では難しいですよね。
業績を伸ばすのはWi-Maxかなあ。
iOSデバイスだけでなくWinもMacもWi-Fiならなんでもつながりますし、なにせ早い!
室内ではすぐにつながらなくなるという問題点もありますが、ルーターだけ窓際に置いておけば快適につながるし。

Face Timeも同じ役目を背負ったAppですよね。
Wi-Fi環境があれば無料でテレビ電話ができる。
僕は自宅の家族間の連絡はFace Timeを使っています。
違う部屋にいても同じWi-Fi環境下にあるので全員つながるんですね無料で。
オフィスでも弟子たちと大事なコミュニケーションがあればFace Time。
僕にとっては音声通話だけのコミュニケーションが一番中途半端で意味がないものに感じています。
表情も読めない、状況を言葉のみで表すのに時間がかかる電話。
グラハム ベルの発明から現在まで全く進化しなかった音声通話という文化。
通話から通信への本格的な革命が徐々に始まっているのかもしれませんね。

偉大な発明はProductではなくSoftware。
iOS5とLion、そしてiCloudが与えるインパクトはもうそこまで来ています。
そこからはじまる新しい世の中に期待したい。
そしてまたも新しい文化がSteve Jobsによって生み出される事に感謝。

過去のブログ記事