2011/09/18

出るのか?

キャノンが歴史的新製品発表を11/3に行うとのニュースをブログメディアで見つけました。
となると期待はもちろん5D mkIIの後継機種ですよね。
すでに映像制作の標準規格となった感のある5D。
僕も購入し、しょっちゅうお世話になってますが、これの新機種が出るとなればいろいろ考察して準備しておかないと!
予想される出来事を書きまとめてみましょう。
自分のために~。

(1) 現行機種の販売終了
当たり前ですがこれは侮れないです。
同じ画角、同じ質感で録画をするには
同じ機種を何台も持っていたほうが良いのです。
新機種になれば質感も変わる。
買えなくなったら大変!
つーことで、

(2) 現行モデルが希少に
今のうちに買っておけという人は多いでしょうね。
僕もそっちの人間ですね。
正直2台は持っていたいのです。
ライブ映像などを別アングルでもおさえておかないと
どう編集しても面白い映像にできないのですよね。

(3) 現行モデルが値上がり?
普通なら在庫処分で値崩れしますが
5Dの絶大な人気と信頼においてはそれはないかな、と。

現行ユーザーとしての第一印象はこんな感じですね。
新製品への期待もさることながら、
やっぱり今の5Dの完成度からいって
なくなることを惜しむ声が多いのじゃないかな。

一番嬉しいのは現行モデルも価格据え置きでもいいから販売存続。
でもそれでは乗り換えを奨励できないしあり得ないかなあ。
まあそれだけ現行モデルファンは熱狂的ということだと思います。

さて新モデルもし出るならどうなるのか予測。
素人考えですがお付き合いください。

(1) 解像度アップ
すでにOver Spec気味だと思うんで、
少しだけ増えるのでは。
とはいえ2500万画素とかですかね。

(2) 常用ISO感度アップ
これは絶対でしょうね!
暗い場所でも綺麗にとれるのは
表現の幅が広がるし
フラッシュもいらなくなるし
誰にとっても嬉しいことですよね。

(3) 動画機能のアップ
これが一番の目玉だとは思います。
5Dを使うユーザーのほとんどは
スチルよりも動画派だと思うんですよね。
だからこの部分の機能強化が
画素数などの改善より大事なんじゃないでしょうか。
以下の部分のアップグレードがあったら嬉しいな。

・録画可能時間が長くなる
・動画時オートフォーカス
・LEDビデオライト装備

まあこんなところですかね。
どんな発表が当日あるのかわかりませんが、
今から想像しながら備えておかないといけないですね。
僕の場合は新機種への期待よりも
現行モデル処遇のほうが気になりますね。
これまで投資してきた分も考えると
おいそれとは新機種に飛びつけないので。
でももし新しい5DがでてmkIIIになったら
どんなすごい表現ができるんでしょうね?
今から楽しみです!
ワクワクするニュースをありがとうキャノン!

過去のブログ記事