2011/09/12

今日のギターレッスン

モーダルインターチェンジという作曲のコンセプトを教えています。
通常の音楽でよく使われるスケールはメジャースケールとマイナースケールです。
明るい曲はメジャースケール。
暗い曲はマイナースケールが多く使われていて、いわゆるドレミファソラシドがメジャースケールですね。
でもそれ以外のスケールも世の中にはたくさんあって、それらのスケールにおいても独特なコード進行が存在するのです。
それを使った作曲がモードって奴。
それをメジャースケールなどに取り込む技がModal Interchangeなんですね。
図のコード進行が答えです。

過去のブログ記事